今月のC-Class|人材紹介サイトC-Class

【プロフィール】

春山佳亮

1970年10月 千葉県柏市生まれ。2001年 5月 (株)メディネット入社,管理部マネージャー。
2001年11月 取締役 管理部長。※財務・経理、人事・総務、情報システムその他管理業務全般を所管、ゼロから管理体制を構築。2002年 2月 取締役 管理本部長。2002年 9月 取締役 CFO(最高財務責任者) 。※財務・経理、経営企画、IPO業務をメインに管理全般を所管。上々後、執行役員体制。の拡充に伴い、財務・経理、経営企画に注力。( 2003年10月 8日 東証マザーズ市場に上場)。2007年 4月 取締役 CBO(最高業務責任者)。

細胞医療の普及を通じて、最先端医療が誰でも受けられる社会フレームワーク創りに貢献したい

株式会社メディネットは、バイオテクノロジーを用いた次世代医療技術の研究開発成果を迅速に社会に提供することを使命としています。現在、がんに対する免疫細胞治療を安全かつ効率的に実施可能とするための技術供与、細胞加工施設(CPC; Cell Processing Center)のオペレーション等、医療機関を全面的にバックアップするサービスを中心に、細胞医療支援事業を展開しております。免疫細胞治療とは、がんに対する免疫応答を担う患者自身の免疫細胞を、体外で培養・活性化、または機能化して、再び身体に戻すことにより、がん細胞を攻撃させようというもので、従来の標準的ながん治療(外科手術、放射線、抗がん剤)に加え、がんに対する集学的治療の新たなオプションとして期待されています。
バイオテクノロジーを含め、昨今の様々な技術の進歩により、がん治療も変わりつつあります。このような非連続な技術に基づく新しい治療技術を身近な医療とするためには、従来の枠に捉われない新たな社会的フレームワークも必要です。私たちは、単に技術を提供するというだけでなく、そのようなフレームワーク作りを含めて社会に貢献していきたいと思っています。

“金儲け”から考えるのではなく、真の社会的付加価値の創出を考える

私は、当社においてCBO(Chief Business Officer)という役割を担っています。「ビジネス」、「事業」という言葉はとかく誤解を受けやすいのですが、利己的な金儲けのことではありません。主体がいわゆる「非営利団体」であれ、「営利団体」であれ、事業というものは、すべからく経済合理性を伴った形で社会の役に立つものでなくてはならず、どちらが欠けても真の社会的付加価値を創造していることにはなりません。赤字を出すということは、必ず誰かがそのツケを負っているということです。当社も、如何に医療に貢献する技術や仕組みを提供しているとは言っても、さらなる研究開発などの先行投資がかさんでおり、まだ黒字化できていないため、事業体としては半人前です。逆に、金儲けが目的化し、違法でなければ何をやってもいいということでは、もちろん社会には受け入れられません。いかに早く経済合理性を伴った真の社会的付加価値を創出できるか、それはマネジメントにかかっています。そのような基本を踏まえ、より実際的に事業を軌道に乗せていくのがCBOに課せられた役割ですので、大変な重責を担っているものと認識しています。

既成概念に囚われずに付加価値創造の仕組みを作っていくのが、CBOの仕事

先ほどご紹介させていただきましたように、私どもはがんに対する免疫細胞治療の技術を開発、提供しています。しかし、残念ながら、免疫細胞治療に対する認知はまだまだ低く、十分な理解もされていません。一般市民はおろか、医療界においてもそうであるのが現実です。
ひとつには、非連続な技術に基づく新しい治療であることが基因としてあります。一般の方は、「免疫」と聞くと、何かよく解らない、漠然とした抵抗力、自然治癒力といったイメージを持つと思います。それも無理はありません。生物の免疫応答機構はたいへん複雑で、昨今のバイオテクノロジーの進歩によってはじめて、やっと分子レベルで解明されてきたところだからです。
また、私どもがこのような事業をはじめるまでは、設備投資や安全管理コスト、専門技術者の確保と教育研修などの課題があり、医療機関が単独では実施困難であったという背景もあります。
さらに普及の壁になっているのが医療制度上の問題です。現行制度は、そもそも細胞医療のような新しい医療を想定していません。また、免疫細胞治療は、先端医療であるがゆえにまだ健康保険が効きませんが、いわゆる「混合診療の禁止」という制約のために、一般の保険医療機関における実施を困難なものとしています。
だからといって手をこまねいているのではなく、何とかして今目の前で病に苦しむ患者の役に立つことができないかと考え、既成の概念に捉われず、ゼロベースの発想で事業を立ち上げてきました。つまり、私たちは、ただ単に技術を開発して提供するということではなく、このような課題を一つ一つ解決し、細胞医療が安全に実施されるための社会的フレームワーク、プラットホームを造ろうとしているわけです。例えるなら、この世に初めて車が出来たときの状況に似ています。車があれば良いというわけではなく、道路を整備し、ガソリンスタンドを設置し、運転免許制度や道路交通法を定めなければならないわけです。
このように新しく示したモデルを浸透させ、実際に具体的に動かしていくのがCBOの主要な役割であり、細胞加工部門、学術営業・マーケティング部門、プロモーション部門等を所管しています。

目の前の患者さんに最善で最良の医療を、のビジョンを共有すればこそ

私は元々、財務・経理を中心に管理業務全般を担当するマネージャーとしてメディネットに入社しました。主なミッションは、事業を本格的に展開するのための事業計画の策定、資金調達、内部管理体制。「管理部マネージャー」というタイトルをいただきましたが、当時、管理部なるものはなく、人事制度も構築中だったので、とりあえず「マネージャー」というタイトルにしておけばいいか、程度のことでした(笑)
入社の動機は、本当に社会の役に立つ志の高い事業、社会の枠組みを変えるような新しい事業をやりたいと思ったからです。結果として、CFOとしてIPOを担当し、上場後も財務・経理、事業企画、経営企画、IRを所管してまいりましたが、CFOになりたいとかそういうことではなく、このような事業が社会的に必要だ、その実現のために自分ができる役割を担いたいと。現在は、CBOとして細胞加工部門、営業・マーケティング部門を所管していますが、実はこのポジション・チェンジは、ここを何とかしなければ事業が進展しないと、自ら望んだものです。
Chief Officerは、ラインの部門長ではなくて、各々が主管する業務の執行責任者であると共に、役員として事業全般に責任を負うものですから、例えばCFOで言えば、企業財務や金融のプロフェッショナルである前に、CTOで言えば、技術開発のプロフェッショナルである前に、経営者でなければならないと思っています。特に、これまでにない新しい事業を立ち上げるのであれば、組織の理念を自らのものとし、情熱と使命感を持って事業全体の推進に当たれなくては、とても務まりません。少なくとも私は、思い入れのない事業を行なう組織のChief Officerはできそうにありません。それはお前がプロの経営者じゃないからだとか言われてしまいそうですが(笑)
しかし実は、このような感覚は、役員や管理職でなくても必要なのではないかとは思っています。今、現在、会社全体、事業全体のことを考えていないのなら、自ら起業することはおろか、たとえどんなに小さな会社に転職したとしてもChief Officerとしての職は全うできないものと思うのです。こちらのホームページの趣旨に反していなければ良いのですが、自らの職業人生を考える場合、いわゆるキャリアアップや役職にこだわるのではなく、思い入れ、情熱を傾けることができる事業に出会えるかどうかが、最も重要なのではないでしょうか。
かく言う私も、早く事業を成長させなければ、それもたわ言、うわ言になってしまいますし、ステークホルダーの皆さまにも顔向けできませんので、引き続き、頑張りたいと思います。

今月のC-Class

  • 9月 春山佳亮氏
    • 第1回
    • 第2回
  • バックナンバー