IT関連をはじめとするベンチャー企業に特化し、会社法、M&A、知的財産権などの企業法務を専門とするベンチャー弁護士の大村氏に、自身のベンチャースピリッツについて語ってもらう。今月のC-Class|人材紹介サイトC-Class

【プロフィール】

大村 健

大村 健 74年埼玉県生まれ。96年中央大学在学中に司法試験合格。99年弁護士登録し、04年弁護士法人かすが(現・弁護士法人かすが総合)社員(パートナー)弁護士に就任。現在、弁護士法人かすが総合業務執行社員(パートナー)弁護士。

ベンチャー弁護士の先駆け

私は弁護士として、IT企業を中心としたいわゆるベンチャー企業の企業法務を専門に取り扱っています。
主に会社法、金融商品取引法、知的財産権法などを専門にしているのですが、クライアントがベンチャー企業ですからIPOやファイナンス、M&Aといった企業戦略の部分にも関わらせていただくケースも多く、法的な視点から企業をサポートしています。
自分では「ベンチャー弁護士」と言っていますが、今では一般的になりつつある、この「ベンチャー弁護士」という言葉も私が最初に使い始めたのではないでしょうか。

弁護士ではなく起業家になりたかった

元々、私は弁護士になりたいというよりも起業家になりたいと常々思っていました。そして自らの力で仕事を切り拓くことのできる職業。その選択肢の中で弁護士という道を選び、経営にも関われる企業法務専門の弁護士になったわけです。
現在では、銀座にある弁護士法人かすが総合という法律事務所を経営しており、起業家になりたいという当初の目標は実現できていると思います。
また、弁護士という立場で、いくつもの企業の経営の根幹にまでタッチしていることは自分が目指していた弁護士像に近く、充実した毎日を送っています。
自分が弁護士として、また起業家として、数多くの経営者とお会いするのはとても刺激的ですね。
やはり、何もないところに道を拓き、何かをつくりあげる志を持つ方々は、人間的にも魅力があります。同じベンチャースピリッツを持つ人間として共感し、向上心をかきたてられます。

ベンチャーを中心にクライアントを開拓

私が入所するまでの現弁護士法人は、上場企業や老舗企業を中心とした、どちらかというと安定したクライアントが多かったのですが、私自身がベンチャー・ビジネスに興味があり、ベンチャー企業をクライアントとした仕事をしたいと考え、自ら開拓して新興市場に上場するようなベンチャー企業のクライアントを増やしてきました。
これは私が弁護士登録した99年に東証マザーズが、翌2000年には、ナスダックジャパン(現大証ヘラクレス)が開設されるなど世の中が大きく動き始めた時期だったことも影響していると思います。
一昨年には大改正された会社法が施行され、昨年には日本版SOX法ともいえる金融商品取引法が改正施行されるなど、市場が大きく変化しつつあります。
その中で、会社法、M&A、金融商品取引法、知的財産権法といった企業法務に特化することは弁護士という仕事の中でも大きくアドバンテージを持っていくことになります。
そうした環境の下、より刺激的な仕事を求めていきたい。そういった意味では私自身がベンチャーなんだと思います。

新しい業態だからこそ戦略的法務が必要

ベンチャー企業の法務では変化に対応し、事前に各種の防衛策をとることが求められます。
例えばIT企業であれば、知的財産権や情報セキュリティ、情報統制などを取り扱うことが多いのですが、それらの問題は従来の法律ではカバーしきれないことがあります。
現在の情報社会を想定していない時代に作られた法律ではweb2.0を規制できない。そういった中では、これまでのような問題が発生してから手を打つ紛争解決法務や対処療法的な法務ではなく、あらゆることを想定して事前に予防策を打っていく「予防法務」、さらには、IPOやファイナンスやM&Aなど攻めの経営を実践するための、「戦略的法務」が重要になってきています。
私はベンチャー弁護士として、法務の立場からベンチャー企業の経営を守り、戦略的に法律を活用し、ひいてはベンチャー企業を発展させていきたいと考えています。