「クリエイターの価値」と「クライアントの価値」2つの価値を創造するために 「クリエイターの価値」と「クライアントの価値」2つの価値を創造するために

【プロフィール】

井川 幸広

1960年佐賀県生まれ。映像制作会社に入社後、フリーの映像ディレクターとして独立。1990年、株式会社クリーク・アンド・リバー社を設立。「クリエイターの生涯価値の向上」と「クライアントの価値創造への貢献」を理念に、エージェンシー事業、教育・コミュニケーション事業、ライツ事業を行いクリエイターの活躍の場を提供し続ける。

正当に評価されるべきクリエイターの能力

私は起業前はフリーランスのディレクターとして活動していました。多くのクリエイターの方と出会ううちに、高い能力を持ちながら、正当な評価を得ていない方が多くいることに問題意識を持つようになり、その問題を解決するためにクリーク・アンド・リバー社を設立しました。
高いクリエイティブの能力を持っている方でも、仕事を獲得する上で必要な営業が苦手な方もいますし、営業にはできるだけ時間を割かずに、創作活動に専念したいと考える方も多い。個人で活動している方は、大手企業の案件に携わるチャンスも限られています。
ここにクリーク・アンド・リバー社の存在意義があるのです。私たちはクリエイターの方々の窓口となって、能力を十分に発揮できる仕事と環境を提供し、クリエイターの方の生涯をサポートし続けたいと思っています。これが、当社の掲げる理念のうちのひとつ「クリエイターの生涯価値の向上」です 。

ECの登場によって変化する広告の評価

もう一つの理念である「クライアントの価値創造への貢献」とは、クリエイティブの力でクライアントの売上向上を目指すことや、ブランドイメージを高めることなどを意味します。クリエイティブによる売上向上というと、従来は広告制作が主流でした。広告分野においては、クライアントがどれくらいの利益を得ることができたのか、という面に関しては正確な評価が難しいこともあり、社会へのインパクトや話題性といった面で評価されることが多い分野です。
近年、ECの登場によって、商材やサービスの販売に関する効果測定が容易にできるようになり、広告や販売のあり方が大きく変化しています。クリエイターにとってECサイトの構築はデザイン制作で終わるのではなく、商品・サービスの見せ方の工夫を継続する必要があります。クリエイティブによって売上に違いが出てきますから、今後当社はECサイトの構築を受託する際、成功報酬型の契約を増やしたいと思っています。成功報酬型によって、クリエイターは、正当な報酬が得られるとともに、更なる売上向上を目指し努力するようになります。それにより、ECサイトの質と売上が向上し、クライアントの価値が上がります。ECサイト構築に伴う成果報酬契約は、クリエイターとクライアントがともにメリットを享受できるシステムだと考えています。

専門細分化するクリエイターの仕事

企業がECサイトを運営するためには、クリエイティブ以外にも決済、課金、流通といったさまざまな要素が必要となってきています。もちろん、クリエイティブ以外の領域はクリエイターでは対応できませんから、当社はそれぞれの分野でパートナー企業と協力し、ECサイトの企画から構築・運用まで総合的に対応できる体制を用意しています。
また、ECサイトに求められる要件は多岐にわたるため、クリエイターには、高度化・専門化した知識・能力が必要になってきています。クライアントのニーズに応えるため、スキルを有したクリエイターを確保するとともに、日々登場する新技術に対応できるよう、セミナーなどの実施にも力を入れていきたいと思います。

日本発のクリエイターが羽ばたいてほしい

クリエイティブのニーズは国内にとどまらず世界中にあります。海外ブランドの商品が日本国内に浸透しているように、日本のブランドを世界に送り出すニーズも増えています。実際に中国、香港、韓国においてクリエイターが活躍できる市場の発展は目覚しいものがあります。
私たちは「日本をもっとクリエイティブに」と考えてまいりましたが、これからは、さらに「世界をもっとクリエイティブに」していきたい。
5万人を数える登録クリエイターの皆さんが日本から世界に羽ばたいていけるような環境を整えていきたいと考えています。