経営者・経営幹部 求人サイト TOP >  今月のC-Class

今月のC-Class

加東 和
画家

1959年生まれ 1983年法政大学社会学部卒業。  詳しいプロフィールはこちら

加東和の世界成福ブログ「光のwebサイト」著書「誰でもつかいきれない宝の山を持って生まれてきた」竹書房 刊
ヒトは表現することに 喜びを感じる生き物だと思います。
 伊勢神宮 内宮鎮座2000年記念イベント(1996年)でのライブペインティングを皮切りに、最近では東京・銀座松屋「遊びのギャラリー」、東京国際フォーラム 「フォーラム・ア−ト・ショップ」などで作品展・ライブペインティングを開催。

加東 和のマネジメントカフェテリア
  1. vol.1 作品
  2. vol.2 価値
  3. vol.3 モチベーション
  4. vol.4 プロフェッショナルとは

加東先生にとって「絵を描く」ということはどのような意味があるのですか?


「自分が描きたい絵を描いていていいですね」ってよく言われるんですが、描きたい絵を描いてる訳じゃないんです。
頭の中で感じているものをせっせと表現しているだけ
頭と腕がスーっと繋がって、上から降りてくるものを そのまま下ろしてる感じなんです。

最近始めたのは、「何故この絵を描いているのか」
「何を感じながら描いているのか」ということを意識するようにしています。


何故そのようなことを意識するようになったんですか?


今までは自分の外、つまり、他人の評価とか賞を取ったとか、そういうところに価値を求めてきたんですが、
これからは自分自身の内にあるものにシフトしていかないと これからの世の中を生きられないんじゃないかという気がするんですよ。
人からいくら素晴らしいと褒められても 自分の中にこそ素晴らしいものが あるんだということに目を向けていかないと生きるのがつらい。

絵というのは、どんなに素晴らしい作品、例えばダヴィンチの受胎告知でも、
物理的には紙とか布の上に絵の具が塗ってあるだけですよね。
それなのに何故絵は評価されてしまうのかって不思議だと思いませんか?


言われてみればそうですね。
先生はその理由に気付かれた訳ですね?


前から感じてはいたけど、上手く伝える言葉がなかったんですが、 それが今日ひらめいたんです。
絵は見ている人の心の鏡なんじゃないかと。
だから絵もスゴイにはスゴイんですが、それを感じる(絵を見ている)人の心が素晴らしいわけで、
それと反応して絵というものの価値があるのだと。

絵の世界に限らず、権力とかステータスとか、完全に無くなりはしないけど、
それほどたいしたものではなくなって、「他にもっと素晴らしいものがある」
ということにみんなが気付き始める日がやって来る気がします。

今週のプロフェッショナルシンキングQUIZ 回答

Q:
ゴッホは生前1〜2枚しか絵が売れなかったと言われています。
彼はプロの絵描きと言えるでしょうか?
答えとその理由を考えて下さい。
A:
この問題に 正解は ありません。
皆さん、それぞれの答えを出してみて下さい。
ちなみに私(加東先生)の答えは
「どんな状況であれ、絵を描き続けたゴッホはプロフェッショナルだと思います。
絵描きは絵を描く。経営者は利益を上げる。それが基本です。」