経営者・経営幹部 求人サイト TOP >  今月のC-Class

今月のC-Class

暁 玲華
スピリチュアリスト

東京生まれ。大学在学中には西洋美術史の影響を受け、「錬金術」「象徴研究」を始める。詳しいプロフィールはこちらエキサイトブログ「暁玲華のスピリチュアルパワー」 。 神道理論を応用した「運命論」の講演や企業コンサルタントを始め、霊視鑑定(転写術・透視術)、風水鑑定、執筆活動を行っている。
2006年「東京パワースポットガイド」(ゴマブックス)を監修。象徴研究家であることからタロットのWEBサイトやオリジナルタロットの監修、商品の企画やデザイン監修など活動は多岐にわたり、幅広く展開している。

暁 玲華のマネジメントカフェテリア
  1. vol.1 時間
  2. vol.2 プロフェッショナルとは
  3. vol.3 商品
  4. vol.4 コンセプト

タイムマネジメントが重要と認識されるようになってきましたが、先生は時間についてどのようにお考えですか?


「時間=命」だと思います。人生が何万秒としたら、まさに今この瞬間も年を経ているということです。
つまり、生きている時間そのものが命です。
時間はその人の魂に刻まれているのです。
なので、今の時間をどのように生きるかが重要ですし、それを自覚することもまた重要になってきます。自覚次第で人生は全く変わってくると思います。
ぼーっとしていても人生は終わりますからね。
周りの世界が目まぐるしく変わっていく中で、自分がどれだけ社会と関わっていけるかが重要となってくるでしょうね。
そして自分だけしか出来ないことを探して欲しいと思います。


「時間=命」というのは先生独自の視点ですね。


私の時間の捉え方として、もうひとつの視点があります。
それは「時空」という概念です。
時間というのは、1秒1秒が同じだと思われていますが、凝縮されたり、間延びしたりするんですね。
今やる、やらないという、つまりタイミングを図ることが重要になってくるんです。
必要なときに必要なことをするという感覚をつかむ人とつかまない人とでは全然違ってきますよね。


チャンスというものがあるということですか。


川の流れに例えたとき、急流の箇所もあれば、なだらかに流れる箇所もあります。
同様に、時間の使い方も見れる人と見れない人とでは、全然違います。
運命といいますが、運の流れというものは実際にあります。


運命って言うのは本当に決まっているのでしょうか。


「宿命」というものは決まっていますよ。
それはその人の大まかな幹は決まっているということです。
ただし、運命、つまり、その中で自分がどのように命を運ぶかは、その人の意思次第です。
天命は与えられたものだけど、使命は自分で作るものなんです。命の使い方は自分で決める。成功したいのか、有名になりたいのか、お金持ちになりたいのかは人によって違います。目的は自分で作るものなんです。
宿命に則って自分の思うのとおり生きればよいと思います。例えば、社会のために法律のことに関わる宿命に生まれてくるとする。弁護士になってもよいし、コンサルタントになっても良いし、居酒屋で法律のことを指摘するおじさんになってもいいわけです。核は一緒です。
天から持たされた種は決まっています。ガーベラがバラにはならないんです。しかし、どのような大輪の華を咲かせるかどうかはその人次第だということです。
頑張っていれば、天ももっと応援してくれます。命の使い方、運命の使い方も時間と関わってくるんですね。

今週のプロフェッショナルシンキングQUIZ 回答

Q:
「ひ」に〇をつけると「ぴ」
では、「ろ」に〇をつけると?

A:

今月のC-Class

8月 暁 玲華 

Vol.1

Vol.2

Vol.3

Vol.4

バックナンバー