経営者・経営幹部 求人サイト TOP >  今月のC-Class

今月のC-Class

長山宏
三優ビーディーオーコンサルティング株式会社 代表取締役

北海道大学卒業後、阪和興業鞄社。数々の中小企業経営者と接し、 「自分を育ててくれた中小企業の経営者の発展をお手伝いしたい」「人が生かされる 組織を作りたい」と、三優監査法人入社。 97年三優BDOコンサルティング且謦役就任を経て、03年同社代表取締役就任、現在 に至る。 京セラの稲盛名誉会長を師と仰ぎ、4年間に亘る盛和塾講師を通じ、稲盛経営の核心 を掴む。 「社長が変われば全てが変わる」という標語のもと、「経常利益率10%以上の経営シ ステムの構築」、「ディスクロージャーの推進により中小企業が健全に発展できる社会イン フラの構築」を目指し活動中。

長山宏のマネジメントカフェテリア
  1. vol.1 経営

漠然とした質問ですが、経営とは?ご自身で経営されていてどのようにお考えですか?


経営とは人生そのもの。私は自分で会社を経営していますが、そのように感じています。
そして人生の使命とも言えます。その使命を自分の中で明確にして、さらに社員と共有して、具体的なビジネスに落としていく。さらに、一人ひとり能力が違うので、社員の持ち味を引き出し、協力し、商品・サービスを生み出して潜在能力を最大限に活用していくのが経営ではないでしょうか。
企業は環境適応業といわれますが、ああしてほしい、こうしてほしい、という潜在的な世の中のニーズを取り込んでいって、課題として捉え、解決していくことによって、応えていくのが企業活動。その企業活動を支えるのが経営ですね。


ご自身の会社を客観視することはありますか?


もちろんです。ほかの会社の経営者の際も同じですが、自分が至るところに現れていると思います。経営はもちろん、社員ひとりひとりまで、自分の人格すべてが会社のいたるところに現れていると感じます。


経営したいと思ったのはいつですか?そこまでの経緯は?


私は、学生時代は魚の生態に関して専攻し学者を目指していたんですが、ビジネスで活かすのもありと思って商社行ったんですね。
が、魚関連やらせてもらえると思ったら鉄鋼だったんです。文句も言っていられないので、がむしゃらに働きました。
そこで経営者と対峙し「経営」を感じたとき、海の魚と企業の社員に共通点を感じたというか、「経営は人間の生態学だ」と感じたんですね。
経営の面白さに惹かれ、経営コンサルタントを志しました。コンサルタントで食うために 公認会計士を取得し、ある程度経験を積んだとき、「自ら経営しないとわからないな」と感じました。
その後、盛和塾で稲盛さん(京セラ名誉会長)の元で学び、経営者はどうあるべきかを学び実際に経営をするに至ったわけです。


学者になっていたら人生はまったく違っていましたね?


学者になっても同じだったとも思うんです。学者を経て、ゆくゆくは教育者になりたかった。そして、経営者=教育者と考えていますから、行き着く所は同じなのかなと。
また、現象を分析して仮説を立てて検証する、というのは学者がやってますが、経営者も経営の中で普段からやっていることです。そう考えると、経営もまさに同じでしょう?


今週のプロフェッショナルシンキングQUIZ 回答

Q:
天才が生まれるには必ず同じ条件があったと言われるが、その条件はなにか?

A:
「あなたはあなたのままでいいのよ」と言われ、興味を示したものに対して徹底的にやらせてもらえる母親がいたこと。
父親も重要ですが、どちらかというと、生き方の方向性、伝統とか筋を教えるのが役割ですね。