経営者・経営幹部 求人サイト TOP >  今月のC-Class

今月のC-Class

成田直人氏
販売のプロフェッショナル

明治大学商学部卒業、在学中19歳で某大手靴屋でアルバイト個人売上全国NO.1、その後フロアマネジャーとして、昨年度対比ランキング全国NO.2に貢献。卒業間近に新たな目標「もう一度販売で大きな成果を作る」と決め、大学卒業後すぐに内定先を辞退しPC専門店にアルバイト入社。無知の業界で7ヶ月で個人売上1億円達成し、昨年3月に販売コンサルティング会社、鰍eamilySmile設立。主に販売コンサルティング、販売研修を軸に事業を展開し現在に至る。今年の春にライブドアパブリッシングから書籍を出版予定。

成田直人のマネジメントカフェテリア
  1. vol.1 販売
  2. vol.2 モチベーション

日本一を達成した時の気持ちは? 達成した後はどのようなモチベーションを持っていたんですか?


私以上に、周りが興奮していたのを覚えています(笑)
「1位にならないと気づけないことがある」と聞いていましたが、私の場合は「何でもできる」という強烈な自信を持てるようになりましたね。
また、横浜の小さな店舗で達成出来たっていうのは感慨深かった。都内の店舗よりも不利な環境でも実現可能なんだ、っていうのを全国の店舗スタッフの皆さんに発信できたのが嬉しかったです。
達成した後も2年間近くアルバイトとして続けました。そこからは、「アルバイトとしてではなく、社員としての意識を持って働こうよ」と店長に言われ意識に切り替わっていきました。次は、自分だけが一番になるのではなく、お店の成果や仲間の成果を新しい目標としました。


働く上でのモチベーションはどこにあるのですか?


その時その時で違いますが、常に強烈な目的意識を持っていた点は共通しています。
より苦しいところでナンバー1になる、っていうのを決めた時は、靴屋を離れてPCの販売を始めました。 当時は本当に苦労しました。仕組みがわからないし、10万のPCと30万のPCの違いなんか全くわからず、用語も分からず。面接時は、「何しに来たの?」みたいな顔をされました(笑)
ですが、面接時に「1億円売る」って決めてここにきました!と熱く語り、それを面接官に伝えたところ、運よく採用になりました。ここでも最終的にナンバー1を取った要因は、とにかく強烈な目的意識でした。
あとは、お客様の思わずこぼれ落ちる笑顔を見ていたい、というのは私にとって大きいです。
BtoBもやりたいという気持ちはありましたが、ふとこぼれる笑顔というのは、BtoBでやるのではちょっと違うかなという思考になったんです。これも経験してわかりました。今はもちろんBtoBも積極的に取り組んでいますが。当時の思考では現在の思考にたどり着いていないのでこのような印象を持っていました。
あとは、元々持っていた、販売のコンサルティングをやりたいという気持ちと、社長になりたいという気持ちがモチベーションになって現在の独立につながっています。


今後の目標は?


これから先、世界を視野に入れて、すべての家族から笑顔がこぼれるようにしたいと考えています。
親が子供を殺したというニュースが流れますが、これは異常なことだと思っています。幼い頃はお金があれば幸せになれると思っていました。私は昔から貧乏でしたけど、とにかく幸せだった。「愛」に満ち溢れていたのを今でも実感できます。お金では買えないものがあると幼少時代に経験させてくれた両親に今は心から感謝しています。
そこで私と前者は何が違うのかというといつも思うのが、「心」が満たされていないんだな、ということ。 21世紀は、満たされていない「心」を取り戻す世紀だと思っているので、その一助となるようなサービスを提供していきたいと思います。 ご近所さんの顔も分からない、学校の友達とコミュニケーションがとれない、そんなことが当たり前になってきて笑顔が減ってきていますが、世の中に笑顔を増やせるようなお店とサービスをどんどん作っていきたいですね。
あと家庭的な面で言うと、子供5人は欲しいです。「結婚っていいよね」「家族っていいよね」「子供っていいよね」ってポジティブな影響を世の中にあたえたい。 そして、ずっと変わらずに、家族、感謝、笑顔、誠実、というのを大切にしていきたいですね。


今週のプロフェッショナルシンキングQUIZ 回答

Q:
Q:目標達成する上で最も重要なことは何だと思いますか?
@スキル
A決断力

A:
決断力:決めた瞬間に行動も結果も変わります。スケートの清水選手もこんな名言を残しています。「目標とは達成すべき結果である」もう決めた瞬間に達成しているのです。

今月のC-Class

1月 成田直人 

Vol.1

Vol.2

Vol.3

バックナンバー