経営者・経営幹部 求人サイト TOP >  今月のC-Class

今月のC-Class

石川雅仁氏
化学者・経営者

神奈川大学応用化学科卒。疫学調査から個人の栄養分析・栄養指導を行う栄養分析・処方システム「S.C.N.S」の開発、運営や各製薬会社、食品会社などの食品開発・製造及びコンサルタント、海外機能性食材原料の分析、調査、輸入販売などを行う株式会社ニュートリション・アクトを起業。国内外で食文化と栄養学についてのニュートリシ ョンアナリストとしても活躍。
第8回国際女性ビジネス会議「カラダ・マネジメント〜食を考える」のパネリストとして分科講演会をはじめ、財団法人日本体育協会「公認スポーツリーダー養成講習会」講師、東京都庁「食から始める安全管理」講師、各トッププロ選手の栄養指導分析及び、栄養指導等(※1)、各種公開講座、企業内技術講演会など多数、化学と栄養学を基礎にわかりやすい食栄養講座の講演活動を実施。著者に「まったく、新しいキレイになる本」(しょういん)ほか。その他、日本臨床栄養協会会員、日本ビタミン学会会員。
(※1) 各界の有名プロスポーツ選手たちを栄養面からサポート。
■3年連続賞金王 プロゴルファー:片山晋呉 選手
■「第52回有馬記念」優勝 競馬:蛯名正義 騎手
■プロゴルファー:藤原利絵 選手
など。
ブログ:http://nact.exblog.jp/
著書:「まったく、新しいキレイになる本」(しょういん)
   http://www.shoin.co.jp/books/4-901460-13-7.html

石川雅仁のマネジメントカフェテリア
  1. vol.1 ニュートリション事業
  2. vol.2 マネジメント

経営で大切にしていることは?


経営者として一番に心がけてきたことは、「人」を大事にするということです。
自分たちがやっていることはすべて真実で、そこに自信を持ってやっています。
仲間として誰かを迎えるにあたっても、うちに対して同じ気持ちを持ってもらえる人じゃないとだめだし、そこを見ています。
採用に関してはこだわりがあって、目標を持っていない人はお断りすることが多いですね。
頭は良いけど目標がなかったり、勢いだけだったり、という方もいらっしゃいますが、 「その方が目標を持っているか?」「その目標と会社の目標が同じ方向を向いているか」 という点はよく見ます。
会社に沿え、とは思いません。会社の目標に従わせるのはいやですから。
ただ、できれば会社の置いている目標の過程もしくはその先に個人の目標があってほしいと願っています。



会社が大きくなった原動力は?


僕らのやっている事、生み出したものが「真実だから」だと思います。
自分たちのやっていることに自信がありますし、それで自分自身あるいは周りの方々が救われたケースを多く目の当たりにしてますから。
そういった体験が多くあるので、これまで辛いこともありましたけど、頑張ってこれました。
自分も過去に身体を壊し、そこから立ち直ったケースがあります。
それと同様に、私たちが提供する商品にしても講演にしても、それによって世の中の消費者や受講者などの末端の方々が元気になる姿を想像することで、うちの社員はモチベーションを高く保っていられますよね。




モチベーションコントロールで心がけていることは?


すごくシンプルなのですが、落ち込む時間、めげる時間を最小限にするよう気をつけています。
落ち込んだりめげていても何もプラスになりませんし、前に進めないですからね。
モチベーションをコントロールするために独自のジンクスや習慣を持っている方もいるみたいですが、私は化学者なんで、根拠がないジンクスはちょっと持っていないんですよ(笑)
ただ、朝起きたとき、「今日も元気だ」って意識することはありますかね。
過去の経験から、今日も1日元気に迎えられたという事が、すごくありがたく感じることはよくありますね。




体調のコントロールで心がけていることは?


食事はとても大切に考えています。
「いつ」「誰と」「何を」食べるか? を意識していますね。
例えば、プロのスポーツ選手なんか、試合前と後で摂る栄養素がぜんぜん違います。 それは一般の人にも言えることです。
まず、ダイエットや多忙などを理由に食事を極端に減らしたり、抜くのは絶対避けたほうがいいですね。必ずいつか病気という形でかえってきます。
基本的には、朝昼晩必須です。朝:昼:晩=2:2:1くらいの割合にし、朝と昼はエネルギーを消費するために多く摂り、夜はさほどエネルギーを消費しないので軽めに摂る、というのはおすすめです。
誰と食べるか、というのも重要です。いかにストレスなく楽しく食べるか、という点は意識しています。
1人で食べるのも悪くないのですが、ついつい早く食べてしまったり、食べる種類に偏りができる傾向がありますね。
何を、というのは私が語りだすと相当長くなるので割愛します(笑)
ただ、選ぶのに神経質になりすぎると、それがストレスになりますので、まずはなるべく多くの種類を食べるという点にだけ気をつけましょう。


ストレスのマネジメントで心がけていることは?


今、ストレスという言葉が多く出てきましたが、人間の体を壊すのはストレスなんですね。
ストレスを毎日重ねていくと、老化が促進されることが証明されています。 酸化ストレスホルモンという物質の発生のためです。
プロスポーツ選手であれ、経営者であれ、読者の方であれ、できる限りピークの状態を長く維持したいとか、若いエネルギッシュな状態でありたいという願望はあると思います。
その願望をかなえるためにも、ストレスをどうマネジメントするかというのはひとつ重要なキーワードです。
人によって解消法が違うとは思いますが、ストレスと食事の関係は密接なので、先ほど申し上げたように食事には気を使っているというわけです。
読者の皆さんにも、神経質にならない程度に食事とストレスのマネジメントを心がけてほしいですね。


今週のプロフェッショナルシンキングQUIZ 回答

Q:
Q、私たちヒトは25歳で60兆の細胞でできている。25歳を過ぎると細胞は減少していく。これを老化と呼んでいる。
では、1日何もしなくて、息をしているだけで、どれくらいの細胞が減っていくのだろうか?
1、約1000個
2、約100万個
3、約1億個

A:
3 :25歳を過ぎると細胞は1日約1億個減っていくといわれている。
重さにすると約1g。美容業界では25歳はお肌の曲がり角などと表現もされています。
これは体内で発生する活性酸素が原因とされています。この1日1日減っていく細胞をどれだけ減らせるかがアンチエイジングの基本です。
活性酸素の発生の原因はストレス、紫外線、生活習慣(食事や睡眠)、たばこなどがありあす。これらを減らし若さを保ちましょう。

    

今月のC-Class

3月 石川雅仁 

Vol.1

Vol.2

Vol.3

バックナンバー